MENU
MUSIC

Spotifyの学生認証 ものすごい簡単、早い!

♫♪バックグラウンドMUSICに DREAMTIDE がかかっている中 執筆して おります by Spotify ♫,,♪♫♩1ⅶ

本日は2022年7月23日都内の天気は晴れで最高気温は35度。久しぶりの猛暑日です。寝苦しい夜が今夜は予想されます。

さて、本日は“ Spotifyの学生認証 ”についてです。

いろいろな音楽のサブスクを経験してたどり着いたのがSpotifyです。自分のマニアックな?音楽嗜好についていってくれるサブスクはSpotifyしかないことがわかり、あと接続性とか利便性を加味して結局のところSpotifyということに。

聞けば聞くほど自分好みの音楽が集まってくるSpotifyはもはや生活の一部になり始めております。お気に入りのアーティストに関連する最近のミュージシャンを手繰り寄せてくれたりもしてくれるので自分から検索してアーティストを探す手間も省け至れり尽くせりといった感じがSpotify中毒への誘いとなり聴けば聞くほど抜け出せない状態へと。

そんなSpotifyですが、学生割引があり通常Premiumプランで月980円のところ学生だと480円と良心的な値段でサービスを提供してくださっております。

どのように学生の証明をするのか興味があり調べてみると・・・

結論をいうと「 ものすごい簡単に学生認証がネット上でできます。 」

登録する学生の名前と生年月日、所属する大学などを入力して進むと認証用のページに誘われ指示通りクリックするとものの数秒で可否が下され認証されます。

認証されるとおよそ1年は学生として480円でサービスが提供されるという仕組み。

1年後も学生であればその時もう一度同じ認証作業をネット上ですればOKという、なんともUI/UXに優れたシステムです。

こういったシステム上のアドバンテージもサブスクを継続する大切なポイントになりますかね。

Spotify Student Authentication: Incredibly easy and fast!

Today is July 23, 2022 and the weather in Tokyo is sunny with a high of 3 5 degrees Celsius. It is the hottest day in a long time. A sleepless night is expected tonight.

Today, we are going to talk about “Spotify Student Authentication.”

I arrived at Spotify after experiencing various music subscriptions. My own mania? I found that Spotify was the only subscriber that kept up with my music tastes, and after taking into account connectivity and convenience, I ended up with Spotify.

The more I listen to Spotify, the more music I like, and it has started to become a part of my life. It also brings up recent musicians who are related to my favorite artists, so I don’t have to search for artists myself.

Spotify offers a student discount, and while the regular Premium plan costs 980 yen per month, students pay a reasonable 480 yen per month.

I was curious to find out how they verify the student status…

The conclusion was, “It is very easy to verify your student status on the Internet. The conclusion is that “it is very easy to authenticate a student online.

After entering the student’s name, date of birth, and the university to which he/she belongs, the student is taken to a verification page, and when he/she clicks on the link as instructed, he/she is verified within a few seconds.

If you click on the link as instructed, you will be accepted or rejected in a few seconds and then authenticated.

If you are still a student after one year, you can do the same authentication process again on the Internet.

This kind of system advantage will be an important point to keep subscribers coming back.