投資

貸株での勘違い。配当相当額受け取りの場合

昨年から貸株をやっております。最初に結論を述べます。

結論:貸株で配当相当額を受け取るのはやめる!

まぁ、普通の株だと金利0.1%なので たいした額にはなりませんが

お宝銘柄で2%とか、まれに9%とか!希少株でつく場合もありますね。。

大型株ではそうしたお宝金利はまずなく

小型株で注目されているものが おおかたのようです。。

最近気づいたたのですが、配当相当額を貸株で受け取る場合

税金相当額が引かれた額が振り込まれるんですね。。(汗)

源泉徴収税率は、合計20.315%

(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)

配当額100,000円の場合

100,000-20,315(20.315%)=79,685円が手取り

税金20,315は貸株でも源泉徴収!

てっきり貸株の配当相当額受け取りにすれば。。

この20.315%の税金分は徴収ざれずに受け取れるものと

勘違いしておりました。。

 

 

 

世の中、そんなに抜けてないですよね(笑)

2020/01/10 750円 貸株金利(2019年12月分)※
2020/01/20 8,766円 配当金相当額 ::::::::::::::::: 配当金単価 55.00×200株

 

貸株金利は微々たるものです。。

上記のように配当相当額

配当金単価 55.00×200株=11,000円

11,000円から税金の20.315%(2234.65円)を差し引くと

8765.35円なのでNOTイコール8766円が

配当相当額として記載されてますね(悲)

2020/01/10 750円 貸株金利(2019年12月分)※
2020/01/20 8,766円 配当金相当額 ::::::::::::::::: 配当金単価 55.00×200株

 

これだと普通に配当として受け取る方が

税制上有利になる場合もありますね。。。

貸株金利は、税区分上「雑所得」または「事業所得」となります。株式等の譲渡損と相殺はできません

国税庁より引用

また・・

年末調整を受けた給与所得者の1年間の雑所得の所得金額(収入から必要経費を差し引いたもの)が20万円を超えると、確定申告する義務がある。
20万円以下なら確定申告してもしなくてもよい(雑所得以外の要因による確定申告の義務がある場合は別)。

国税庁より引用

とあるので、貸株で配当相当額を受け取ると

場合によっては20万円を超えてしまうこともあるので、

会社員の場合は面倒が増えてしまうかもしれませんね(残念)

 

結論:貸株で配当相当額を受け取るのはやめる!

気になることはやってみて 

動きながら状況を確認し、継続or撤退を判断!

2020もこれで行きまーす(^^♪

ABOUT ME
たまごセ=tamago7
2地域居住勤め人のラーメン、ワイン、音楽、料理、家族のこと、日々のこと、早期リタイヤ後の構想、株、IPOなどなど。。。誰かの役に立てるかな。。。