投資

相場の予想=まったく意味のないもの?

♫♪バックグラウンドMUSICに Skagarackがかかっている中 執筆して おります by Spotify ♪♫♪44

2022年10月15日 土曜日の朝、住んでるマンションの界隈では子供のはしゃぎ声などがきこえて休日らしいスタートです。環境変化もありあっという間の一週間で昨晩は早めに就寝したので3時ごろ目が覚めましたが二度寝し8時前まで寝ることができ すっきりした週末です。

ドル円は一時32年ぶりの148円台を記録し依然としてドル高 膠着状態の様子。旅行でNYに行った時のドル現物をいくらかもってりるのですが、当時(2017年1月)は確か1ドル115円程度であったので実に33円~比率にして28%のドル上昇(円の価値アップ)となっております。相場って本当にわからないですね。 こうなることを予想してドル現物を持ち続けていたわけではなく、正直を申し上げると「 今円に換えても損するだけだし、面倒だから放っておこう。。」的な発想で放置していただけなのですから(笑)。あっという間に時は流れて2017年からすでに5年以上も放置できました(大笑~これはまさに積み立て投信界隈で話題の?「 ほったらかし投資!?」ではないかと。。)

米株も2017年よりも前から少しづつドル転(108円とか今よりも当然の様に円高のころです)を積み上げて売買をいくらかして、現在もある程度米株や米国超長期債券ETFをストックしております。これもやたらに利確しないで(短期トレーダーではないので)自分がシニアと呼ばれるくらいの齢になったら取り崩せばいいのかなと結構アバウトに考えてホールドし続けるつもりです。

それにしても「 相場の予想 」って難しいし、自分のとっては❝ まったく意味のないもの ❞とつくづく思います。

テレビやネットなどでアナリストが必要に迫られて❝ 今後の株価の見通し ❞のコメントを求められている場面を見ると「 お仕事大変ですね。。」と心の中で呟いてしまうのはわたくしだけでしょうか。。