パソコン スマホ WiFi 通信規格

疲労感だけが残った土曜日 失敗の反省会 wp-config-sample.php

♫♪バックグラウンドMUSICに Yes がかかっている中 執筆して おります by Spotify ♫二♪♫♩〇六

本日は2022年6月12日 日曜日 都内の天気は曇りで雨のマークも天気予報であり気温も涼しく梅雨の始まりにふさわしい感じの天候でしょうか。

昨日はブログにも記述のように、ブログの引越しに挑戦したのですがうまくいかず ただただ疲労感だけが残った土曜日でしたが、一晩よく寝て心機一転でしばらく経ったらまた引っ越し作業に挑戦するかな。。という気持ちに切り替わりました。「レンタルサーバー引越し」で検索すると沼のように沢山の関連ページが出てくるということは、それだけニーズがあり検索している人、ナレッジを発信している人がいるということでしょうね。お金を払えばレンタルサーバーの引越しをやってくれる業者もあるので まずまずのマーケットなのかもと想像します。2回目の引越し挑戦も自力にこだわりスキルアップしようと思ってます。行動すると分かってくることってありますよね。たとえ失敗に終わったとしても その裏でうごめく商売とかニーズの感じとか。。

今回のサーバー引越し作業で学んだこと

・WordPressに書き込むソフトFTPというものがありフリーでダウンロードできる。~FTPはWordPressの仲介役的な役割?

・ダウンロードされたWp-config phpをFTPのツリーで開きメモ帳などで新しいサーバーのアカウント、パスワードなどに書き換える。(この作業で??が多く難渋したのが今回の失敗の原因。後で調べてみるとwp-config-sample.php を必要に応じて編集し、wp-config.php という名前で保存することで手動で作成することもできます。”という部分にヒントがありそう。)

・自分のブログのWordPressバックアップをとったところ約800Mbあった。

・引っ越し作業の最終段階としてドメイン(ネット上の住所で当ブログの場合、お名前.com)をDNS(ドメインネームサーバー)に新しいレンタルサーバーのコードを記入する。そのあと2,3日でネット上にドメインが行き渡って引越し完了となる。

wp-config.php の編集

wp-config.php ファイルは WordPress のインストールを行う上で最も重要なファイルの一つです。このファイルは WordPress のファイルディレクトリのルート直下に置かれ、中にはデータベース接続情報などサイトの基礎となる情報の詳細が含まれています。

ダウンロードした直後の WordPress には wp-config.php ファイルは含まれません。WordPress をセットアップする過程で入力された情報を元に wp-config.php ファイルが生成されます。

wp-config.php ファイルは、インストールディレクトリのルートにある wp-config-sample.php を必要に応じて編集し、wp-config.php という名前で保存することで手動で作成することもできます。

~WordPress HPより引用

・wp-config-sample.php を必要に応じ編集の実際

// ** データベース設定 – この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define( ‘DB_NAME’, ‘LA****1-2**e0d’ );

/** データベースのユーザー名 */
define( ‘DB_USER’, ”LA******21 );

/** データベースのパスワード */
define( ‘DB_PASSWORD’, ‘t******8’ );

/** データベースのホスト名 */
define( ‘DB_HOST’, ‘mysql2**.phy.l*****p.lan’ );

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define( ‘DB_CHARSET’, ‘utf8’ );

Saturday I was left with only a sense of exhaustion and a reflection on my failure.

Today is Sunday, June 12, 2022 The weather in Tokyo is cloudy with a rain mark in the forecast and cool temperatures. The weather seems appropriate for the beginning of the rainy season.

As mentioned in my blog, I tried to move my blog yesterday, but it didn’t go well, leaving me with only a sense of fatigue. I’ll try to move again after a while. I guess the fact that there are as many related pages as a swamp when you search for “moving a rental server” means that there are people who are searching and sharing their knowledge because there is such a need for it. I imagine it’s a good market since there are companies that will move your rental server if you pay them. I think I will stick to my own efforts and improve my skills for the second attempt. Even if it ends in failure, you get a sense of the business and needs behind it.

What I learned from this server move

.

There is a software called FTP that you can download for free to write to WordPress. ~FTP is an intermediary for WordPress?

Open the downloaded Wp-config php file in the FTP tree and rewrite the account, password, etc. for the new server using Notepad or something. (In this process, I had a lot of questions. (The reason for this failure was that there were a lot of “what? Later I found that “You can also create it manually by editing wp-config-sample.php as needed and saving it under the name wp-config.php.” (The clue may be in the part that says “You can also manually create a WordPress backup of your own blog.)

I made a WordPress backup of my blog and it was about 800Mb.

The final step in the move is to enter the domain name (in the case of my blog, Name.com) into the DNS (Domain Name Server) with the code for the new rental server. After a few days, the domain name will be available on the Internet and the move will be complete.