食べ物

北海道のびっくり 年取り膳

北海道の習慣で本州と違うものがいくつかありますが、

おせち料理があります。

おせち料理の内容ではなく、食べるタイミングが本州と

違うんです。

ふつう、元日におせち料理はいただくものですよね ^^) _旦~~

北海道は違うんです!

12月31日大みそかに食べるんです。。(驚)

早いうちでは12月30日に食べるお宅もあるそうです。。(早)

大晦日の晩からおせち料理を食べ始めることを「年取り膳」と呼ぶそうですが、

大晦日の宴会を「年取り」と呼ぶため、年取りのときに

食べるから「年取り膳」。

旧暦では日没によって1日が始まるので、12月31日の

日没から「正月」となります。

ですから大晦日の晩は、旧暦に従えば「正月」の始まりです

から、おせち料理を食べる!

こういう理屈なんですね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

当然、わが家も12月31日大みそかの夜に 年越しそばと一緒に

おせち料理をいただきましたよ(^^♪

ほかにもいろいろごちそうがあったので、おせち料理は

箸休め程度で、大部分を元旦に持ち越しましたが。。。

おせち料理などをいただいた後は、恒例の

紅白歌合戦を家族で見て、雪の吹きすさぶ中

久々の夜参りへ。。(氷点下5度ぐらいだったので厚着をして)

 

 

娘がおみくじで「大吉」を引きましたよ(^_-)-☆

ABOUT ME
たまごセ=tamago7
2地域居住勤め人のラーメン、ワイン、音楽、料理、家族のこと、日々のこと、早期リタイヤ後の構想、株、IPOなどなど。。。誰かの役に立てるかな。。。