ヘルスケア

さらば延命措置=リビング ウィル~記名押印 完了 

祖母という身近な親族が5年以上 延命措置を受けつづけ、考えさせられる機会をいただいたのが事の始まり。。103歳を迎える祖母 療養病床で生きるには。。ネットで検索したり、知人に相談したりして リビング ウィル~ある日の知人とのやり取りメール この度 書類に記名押印いたしました。妻にもこの件、話し 納得してもらい「 家族署名 」欄にサインしてもらいました。意外にも(?)この件、日帰り旅行の道中 シンプルに説明したところ(高速道路を運転しながら~日帰り(17時間)1400km 丸源ラーメンが成功報酬!? )すぐに納得してもらい サイン+押印をいただけました(笑)

画像の文は以下になります。

      終末期の医療・ケアについての事前指示書

私が、高齢となり意識を失うような状態におちいったり、あるいは、たとえ呼びかけには応じても 意識は朦朧としている状態になったり、あるいは、意識はあっても自分の意思を伝えることができない状態となり、自分で身の回りのことができなくなり、自分で飲むことも食べることもできなくなったときには、以下のようにしてください。

とはじまり。。

私が自分の力では水も飲めず、食べ物も食べられなくなったら、無理に飲ませたり、食べさせたり、点滴や栄養補給をしないでください。
ましてや、鼻管を入れたり、胃瘻を作ったりは、絶対しないでください。
私が自分の力で呼吸ができなくなっても、人工呼吸器をつけないでください。

「 鼻官 」これは祖母が受けている 延命措置です。

万一、人工呼吸器がつけられている場合でも、一旦、電源を切っていただき、私の自発呼吸が戻らなかったら、人工呼吸器を取り外してください。

「 自発呼吸 」これが、重要なキーワード

少々意識があっても場所や日時をはっきり言うことができなければ、同じように扱ってください。
そうなったら、昇圧薬も輸血も人工透析も血漿交換などもやめてください。

「 少々意識があっても 」というところが、結構大胆?

なお、もし、ここに書いてあること以外のことで、医療・ケアの選択が必要になる場合には、

****** に、決定を委任しますので、その意見を尊重してください。

「 ****** 」というところに妻の名前が入っております。

私の苦しくみえる状態を緩和していただける治療をしてくださるなら、喜んでお受けします。
ただし、昇圧薬や脳圧低下薬などの延命のための治療はやめてください。
私の命を長らえるために努力をしてくださっている、お医者さん、看護師さんや医療・介護スタッフの方達には、心から感謝しています。努力してくださっている方たちには、たいへん申し訳 ありませんが、どうか、私の意思を尊重してください。

緩和ケアに関しては、アクセプトです。 医療者に対するリスペクトも忘れません。

私はこの終末期の医療・ケアについての私の意思表明書を、意識も清明で、書いている内容を十分理解している状態で書いています。どうか、私の意思を尊重してください。

最後にこのように結んであります。

どうか、この意思表示が役に立ちませんように。。

関連記事⇩

103歳を迎える祖母 療養病床で生きるには。。
リビング ウィル~ある日の知人とのやり取りメール 
日帰り(17時間)1400km 丸源ラーメンが成功報酬!?

ABOUT ME
たまごセ=tamago7
2地域居住勤め人のラーメン、自炊、音楽、日々の疑問、家族のこと、早期リタイヤ後の構想、株、IPOなどなど。。。誰かの役に立てるかな。。。