パソコン スマホ WiFi 通信規格

メールでのお伝え うまく伝わってますか?

メール(文字でのコミュニケーション)は日々の業務、

プライベートでの伝達など

わたくしたちのライフワークには欠かせないものになってますね。

PCメールはもちろん、LINEやスマホのショートメールなど

その媒体はさまざまになり、老若男女問わずメールを

活用している現代人ですが、

パソコンの黎明期、90年代後半に仕事のお客さんと

のエピソードを思い出したのでご紹介いたします。

当時は自分のパソコンを初めて買ったころで、ボーナスを有効活用し

結構な最新型をいろいろ自分なりにスペックをアップグレードして

30万円台でGATEWAYの通販( ネット販売ではない )

を使って、価格の見積もりなどはFAXでやり取りをして決めたことを思い出します。

たしかハードディスクの容量は奮発して(?)1Gbに容量アップしたのを

覚えております。リムーバブルディスクはCDだけでなくフロッピーディスク

もついておりました( 時代ですね。。)

当時はまだ「 MO 」も普及していました。

ハードディスクの容量を1Gbにしたことを会社の先輩に言ったら

けっこう、気合入ってるな 的な反応があったように記憶してます。。

会社のFAXで見積もりのやり取りをした都合、社員の方々にも

シースルー( 笑 )となってしまい、特にパソコンを

結構使いこなしている派遣の女性社員などからは、

あの人がこんな高性能マシンを操れるのかしら(?)と思われたのか

「 たまごセさん この記号どこから入力するのかわかる? 」と

「*」を入力できるか試されたことを昨日のように

覚えておる次第です( 笑 笑 )

もちろん、その質問にはすんなり回答できましたが、。

そんな最新のパソコンとネット回線 ISDNを手に入れて

パソコンライフを始めたのですが、当時メールが始まった黎明期で

まだまだ、メールを使いこなしている人は本当に少数だったと思います。

会社の人と初めてメール交信したときなどは、

会社の人から電話がかかってきて

「 おい、さっき送ったメール届いてるか? 」

などと確認の電話があるのも めずらしい話ではありませんでした。。

社外で、お客さんとメールの話題などになると

「 え! メールってなんの為にやるの?? 」

「 電話でいいじゃん ! 」

「 なんかメリットあるの ? 」

みたいな話を何度となく繰り返したようにも思い出されます。。

今となっては、だれもが知る笑い話になりましたね。

現代社会の重要なインフラとなったメール(文字でのコミュニケーション)

ですが、いろいろもどかしい思いをしたことってありませんか?

・伝え方がうまくいかず、誤解されてしまったりとか。

・そもそも、読んでくれてなかったりとか。

・送り先を間違えて面倒なことになってしまったりとか。

数え上げると きりがないくらいですよね。。

先日も仕事でショートメールを10人ほどに送ったのですが、

うまく伝わってない方がいて、結局電話がかかってきて

確認をして事なきを得たことがありました。

まぁ、毎日のようにメールでいろいろ発信したり受信したりしていると

こういうことは日常茶飯事ですかねぇ。。

文字で物事をうまく伝えるコツは、

・主語を省略しない。

・面倒でも事の背景を細かく描写する。

・やさしい言葉を使い、メールで感情移入は避ける。(特に怒りの感情は極力入れない表現にする。)

・PRT SCなども活用し、画像や図を入れて理解しやすく。

以上のようなことを意識して作文しております。

しかし、文字による表現に限界もありますよね。。

やっぱり、FACE to FACEのコミュニケーションには

かないません。

最近では電話だけでなく、ZOOMやTeamsなどのオンラインツールも

普及して、ますます生身のコミュニケーションが減りつつありますが、

移動のリスクなく、相手の顔を見ながら意思疎通できるのが

ベストかもですね。

がしかし、電話と同様に両者のスケジュールを合わせる必要がない

メールがなくなるとは考えづらいですから、

今後も、いかに文字と画像で伝えたいことをうまく伝える技術が

求められることに変更はなさそうなので・・

伝える技術を磨き続けるしかなさそうですね。

日々、邁進いたしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
たまごセ=tamago7
2地域居住勤め人のラーメン、自炊、音楽、日々の疑問、家族のこと、早期リタイヤ後の構想、株、IPOなどなど。。。誰かの役に立てるかな。。。